まんまる備忘録

乙女ゲーマーまるの備忘録および一時公開用

一行で表現する「心に残った乙女ゲーム」

ブログに感想は載せない方針ですが、一~二行ぐらいならいいんじゃない?ということで掲載してみました。必ずしも心に残った=とても好きというわけではないので、ご注意ください。「作品名」「(推し名)」「一行感想文」という順になっています。

 

※随時更新??

 

オトメイト

やっぱり最大手。オトメイトさんの作品は安定していると思います。

◇華ヤカ哉、我ガ一族(雅様)
マイナスからの出発?ゴミと罵られるのが癖になるw

◇Collar×Malice(白石)
全員が飲酒できる年齢って最高!キャラに萌えが詰まりすぎてしんどい。

◇十三支演技(趙雲諸葛亮
萌えな猫耳?いえ、本格的な歴史ファンタジー!シナリオ原案は「魔神英雄伝ワタル」の広井王子氏。

ニル・アドミラリの天秤(累)
これぞCERO Dの片桐さん×さといさん。キャラ萌えがしんどい。

◇Princess Arthur(ランスロット・ガラハッド)
ライター片桐さんのキャラ萌え描写がほんとツボ。ランスロットは攻略が終わってからが本番。 

◇Glass Heart Princess(真之介)
キャラの個性が強すぎるwはちゃめちゃ王道コメディー!アホ毛執事がしんどい。

NORN9 ノルン+ノネット(暁人)
女の子3人もいるからね、好きなカップリング見つけて萌えるがいいよ!!!

◇戦場の円舞曲(ニケ)
あーーニケニケニケニケ尊い!キャラ萌えにかけては、ライター片桐さんはほんと天才。

◇ピリオドキューブ(アストラム)
コミュ症こてこてロールプレイなアストラムさんをよろしくね☆

Code:Realize
かつてこんなにクオリティーの高いFD2本目はあっただろうか?きっとルパン一味が好きになるはず。

◇I DOLL U(セイヤ)
キャラの振り切れ具合が凄い!普通に飽きた時どうぞ。シナリオにやや問題ありな賛否両論。ここあさん……。

◇7'scarlet
真相ルートの展開が超ずるい!鳥肌立った!!TOYBOXさん開発の作品は演出が素晴らしい。

 

Rejet

たまにはサディスティックなRejet作品をプレイしたい。

◇剣が君(九十九丸・家光様)
6人の侍との時に儚く美しい恋模様。序盤~中盤がやや間延び?かもだけどシナリオ最高!

◇BLACK WOLVES SAGA
メヨーヨとオージェっぱない。

Dance with Devils(ウリエ)
シキのヤンデレ具合が類を見ないほど振り切れているw

 

TAKUYO

TAKUYOゲーム(闇属性)が大好き。

◇死神と少女(日生先輩)
感情移入できない主人公ナンバーワン!? 文学作品好きなら考察がきっと楽しい!

◇月影の鎖(理也)
CV.松岡くんの破壊力。陽属性 理也
くんと陰属性 主人公だからこそな展開は、どれも美味しい!

◇SWEET CLOWN(日之世)
イヒヒ…と笑うキャラが推しになるなんて思いもしなかった。ほとばしるヒヨコのセンスw

 

その他

◇華アワセ(唐紅)
全年齢への挑戦?声優さんの演技がセクシー!!いつの間にか考察を始める真相系。

◇大正×対称アリス(アリス)
童話好き、考察好きにおすすめ。これはヒロインが王子様を救う物語。

◇Blackish House(藤吾・乃亜)
みんな個性的かつ魅力的なキャラ。南の島から戻りたくなくなる乃亜ルートは、号泣間違いなし!

◇百花百狼(五右衛門・黒雪)
つらいつらいつらいつらいつらい。でも、その先にキャラ萌えが待っているから!

◇絶対階級学園(レイ)
白薔薇様が素敵。私は薔薇ルートが好きな変わり者。

OZMAFIA!!-vivace-(スカーレット)
ゆーますさんの作品は個性的で温かさに満ちている。

プリンス・オブ・ストライド
蘇る陸上部時代の記憶……熱い!!

◇絶対迷宮 秘密のおやゆび姫
ただのアンデルセン童話ではない、これは神々の物語。

 

18禁作品

◇吉原彼岸花(惣一郎)
エロもシナリオも素晴らしくてバランスがいい!!

◇蝶の毒 華の鎖(真島)
真島マジ真島。

◇鬼と花妻(青臣)
普通のエロゲ。ボリューム質ともにコスパが最高!妙に凝ったシナリオじゃなくていいんや。

◇女王蜂の王房(紅玉)
こんなに尖った乙女ゲーは貴重?エロが特殊でシナリオに問題あり。割と好きw

新作の宿命

新作をプレイするのが大好きです。レビューや攻略サイトを見ずに、真っ新な状態かつ手探りで進めていくドキドキ感。発売日の朝はわくわくしながら、ゲームの到着を待っています。

しかしながら、‪「新作の宿命」というものがあり(勝手に名付けました)、私はどうしても新作に対する評価が厳しくなってしまいます。何故、新作には辛口になってしまうのか。今日はその理由について、二点お話ししたいと思います。

 

 

前評判なしに作品と向き合う

f:id:maruuuu_1215:20180517153706j:plain

新作の良いところは先入観がない点ですが、これはデメリットにも成り得ます。例えば、プレイ時間が自分の想像していたよりも短くて、ゲームに満足できなかった経験はありませんか。そして、これは事前に知っていれば、モチベーションをコントロールすることによって防げたと私は考えます。

製品サイトでは綺麗だったのに、実際の‪スチルは崩れていて残念だった。攻略キャラにあんな地雷がいるなんて思いもしなかった等々にも言えます。私個人としては、‬‬各メーカーのプロモーションと実際の作品イメージが合わない場合が最悪でした。

新作の評価が厳しめになる理由。一つ目は、モチベーションをコントロールするのが難しいという点です。

 

 

新作にお金を払う

f:id:maruuuu_1215:20180517155728j:plain

二つ目の理由は、定価で購入すると後悔も大きいという点です。中古で買った場合、クオリティーが低くても「まぁ、この値段で買ったしいいか」と開き直ることができます。しかし、新作はそうにもいかず、値段とクオリティーをどうしても比較してしまいます。

そうは言っても、新作をプレイする時のドキドキ感を想うと、なかなか購入を止められそうにありません。新作を予約購入すると、メーカー側に利益が出て貢献もできますね。

感想記事を載せない理由

はじめまして、まると申します。乙女ゲーマー3年目のまだまだヒヨッコです。

アニメや一般ゲームから、乙女ゲームへと流れてきた者です。いまや月に2~4本ほどプレイするまでになりました。(ちなみに、一般ゲームはポケモンDQヴァニラウェアさんのソフトが好きです。3D酔いするタイプです。)

初めて訪問された方は、感想記事がないので驚かれたのではないでしょうか。こちらのブログは、一時公開+雑談用として主に使用しています。(過去にイベントのレポを一時公開していました。)何故、感想記事を掲載しないのか?その理由をこの記事で取り上げようと思います。

 

 

私が乙女ゲームに求めるもの

f:id:maruuuu_1215:20180517141018j:plain

私はいわゆる「キャラ萌え重視派」です。ドキドキできるかどうか、キャラに萌えるかどうかを重要としています。

もちろん、シナリオが素晴らしい乙女ゲームは存在し、感動することも多々あります。しかし、いくらシナリオが良くても萌えや恋愛部分で満足できなければ、消化不良感はどうしても残ってしまいます。

 

書けない客観的感想

感想記事を書かない理由。それは、乙女ゲームに求めているものが一般的な乙女ゲーマーと違っているからです。ましてや、キャラ萌えには個人差があります。

この作品には好みの推しがいなかった。でも、確かにシナリオはまあ面白かったという人気作品。申し訳ないという気持ちにときどき悩まされます。

個人的な感想は、ブログのように不特定多数の方へ向けて発信するのではなく、これまで通りtwitter経由でフォロワーへ向けて発信するのが一番だと感じました。

自分の気持ちを隠して無難なことばかり発信したとしても、その作品が本当に好きな人に対して失礼だという気持ちもあります。乙女ゲームブロガーの皆さんはそのあたりを上手に調整されている方が多くて、非常に尊敬しています。